スポンサーリンク

ニューヨークで日本文化のBonsai (盆栽)?!

Bonsai(盆栽)は、日本だと『おじいちゃんの趣味』ってイメージ(?)かもしれないけど、ニューヨークではアーティスティックでクールな植物として、北米最大級の植物園Brooklyn Botanic Garden(ブルックリン・ボタニック・ガーデン/ブルックリン植物園)でもBonsai(盆栽)コーナーが作られるぐらい人気。

 

『盆栽』は英語でもそのまま『Bonsai』と発音される。『Sushi』と同じように、日本文化がそのまま受け入れられているね。

 

赤ちゃん誕生のお祝いにBonsai(盆栽)ギフトしてみた♪

アメリカ人のお友達に赤ちゃんが誕生て、何か私らしい、日本らしい贈り物がしたかった。

 

・・・でたどり着いたのが『Bonsai(盆栽)ギフト』!

 

『生まれたばかりの赤ちゃんが、これから何百年も生きるであろうBonsai(盆栽)の強い生命力を力にすくすく育ってね』という意味を込めてあえて小さめの、これから成長して生きそうなBonsai(盆栽)を贈った。

 

…小さめ…と言いつつ、実は$30以下ギフトということでお手頃だったのも理由の1つ。笑

 

Bonsai(盆栽)の育て方 in New York

忙しく、面倒くさがり屋のニューヨーカーでもBonsai(盆栽)は育てられるのか?と思ったけど、Bonsai(盆栽)って育て方が簡単らしい。種類も豊富だし、奥も深くて人の性格によってBonsai(盆栽)との相性もありそうで選ぶのも育てるのも楽しい。

 

NYでBonsai(盆栽)!育て方は?

水やり

盆栽の水やりは、春は1日1回、夏は1日2回から3回、秋は1日1回から2回、冬は2日に1回程度。土が乾いていたらゆっくり、たっぷり上げるのがコツなんだって。こんなに回数すくなくて良いんだね。

 

置き場所

直置きはせず、風通しをよくしたりするため、高さがある棚の上に置くのが良いらしい。基本屋外において放っておいてもOKだけど、夏の強い日差しや、冬の寒波の際は守ってあげて。

 

そもそも盆栽とは?

盆栽って、もともとは、『日本の風景を鉢の中に切り取ったもの』なんだって。そして盆栽の木の生命力を使って、自然に美しく育てることを楽しむものらしい。

日本に居ないときこそ、Bonsai(盆栽)から日本が感じられるね~。

 

なぜニューヨーカーはでBonsai(盆栽)が好き?

ニューヨークの5区には83もの美術館があるらしい。そう、ニューヨークの人たちはアートが大好き♪

Bonsai(盆栽)は自然の作り出すアート。しかも自分で手を加えて育てられるアートだから、”自己主張したいニューヨーカー”にオリジナルの『Bonsaiアート』が受け入れられているんだね。

 

 

NYに居ると『日本人』であることを意識する

コロナ前のNYタイムズスクエアの人々

ニューヨークに居ると強く感じることは、『自分は日本人』ということ。日本に居ると、周りが日本人だらけなのが当たり前のことで、日常の中で、自分が日本人であることは意識しづらいし、意識する必要もないのが現実。

 

でも、ニューヨークに居ると、周りは様々な人種の人たちが沢山いるから、自分が日本人であることを強く意識させられる。肌の色も、目の色も、髪の色も日本の特徴を持つ自分。

 

地理的にアメリカ東海岸のニューヨークから地球上の真裏にある日本ってどこなのかまったくもって知らないアメリカ人も沢山いる。日本で生まれ育った?日本人”の私からしたらそれってちょっと寂しい。

もっと日本がアメリカに受け入れられて行ったらいいな、と思う今日この頃。

 

私の日本の家にはいくつか小さな盆栽があったなあ。うん、Bonsai(盆栽)を見ると日本を思い出す。ステイホーム中、家に居る時間も長いし、自分の部屋にもBonsai(盆栽)置いて日本を想おうかな…。

 

Bonsai 贈り物はきっと喜ばれるからおすすめだよ~!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事