スポンサーリンク

ニューヨーク観光の楽しみの一つである『食事』!ニューヨークには世界も認める高級レストランから、カジュアルなファミリータイプのレストランまで様々なレストランがあって美味しい食事を楽しむことができるよ。

そこで必要になってくるのが、レストランでの英会話。予約、注文、お会計等はもちろんすべてえ”英語”を使わなければならない。

今回はニューヨークの食事を楽しむ為の、ネイティブニューヨーカーも使う一般的で、簡単な英語を紹介するよ。このページの英会話を見ながら使って、ニューヨークでの食事を楽しんでね♪

 

【NY観光英語】レストラン『予約』の英会話

レストラン予約方法は以下2つ。

  1. 電話
  2. オンライン(ニューヨークでは”Open Table(オープンテーブル)”というサイトを使うのが一般的)

レストランを”電話”で予約するときの基本英会話

自分

I’d like to make a reservation for tonight at 7:30 pm, for the party of 4(Four).

「今夜7時30分に4名、予約をしたいのですが」

ポイント→  ※人数を伝えるときに『Party(パーティ)』を使うのがネイティブ英語!

 

レストラン
May I have your name and your phone number, please?
「お名前とお電話番号を伺ってもよろしいですか?」

Yes, my name is Hippo, and my telephone number is….
「はい、名前はヒポです、そして電話番号は…」

レストラン
OK. thank you for your reservation. we will see you tomorrow then.
「ありがとうございます。明日お待ちしております。」

予約時に確認したいことの英会話

自分
I have an allergy for eggs.
「卵アレルギーがあります」

自分
Do you have a dress code?
「服装の規定はありますか?」

自分
Thank you! I’ll see you then.
「ありがとうございます。当日はよろしくお願いします」

reservationとappointmentは違う

『Reservation(リザベーション)』と『Appointment(アポイントメント)』は日本語にしたら同じ「予約」という意味になるけど、『Reservation(リザベーション)』は、レストランのように椅子やテーブルを抑えるときに使い、『Appointment(アポイントメント)』は人と会う時の約束時に使う。

 

「医者」、「弁護士」、「会計士」と会う時の予約は『Appointment(アポイントメント)』だよ。

 

【NY観光英語】レストラン『入店時』の英会話

予約をしているお店に入店したとき…

自分

I have a reservation under (my name) Tanama at 7:30.

7:30に予約した田中です」

 

予約なしでお店に入店したとき…

自分
Do you have a table for two?
「2名ですが席はありますか?」

 

【NY観光英語】レストラン『注文』の英会話

レストラン
Would you like something to drink?
お飲み物はお決まりですか?

自分
May I have two glasses of red wine, please?
「グラスの赤ワインを2つお願いします」

レストラン
Are you ready to order?
ご注文はお決まりですか?

自分
Will you take our order?
「注文をお願いします」

自分
What do you recommend?
「おすすめは何ですか?」

自分
May I have the steak for 2 ?
「ステーキを2人前お願いします」

レストラン
How would you like your steak?
「ステーキの焼き加減はいかがなさいますか?」

自分
Well-done (ウェルダン)/ Medium (ミディアム) / Rare (レア) , please.
「中までよく焼いて(赤い部分は無い)/ 中くらいの焼き加減(少し赤い部分が残っている) / 表面だけ焼いて(中はほとんど赤い)下さい

有料?無料?水を頼むときは?

自分
May I have sparkling water / still water / tap water?
「炭酸水(スパークリング)/炭酸抜きの有料水(スティル)/無料の水道水(タップ)」
高級レストランでは水は有料。ただ、ニューヨークのレストランのウエイター・ウエイトレスさんたちはしっかり聞いてくれるので、有料の「「炭酸水(スパークリング)」もしくは「炭酸抜きの有料水(スティル)」なのか、無料の「水道水(タップ)」で良いのかを伝える。
基本的にニューヨークの水道水はそのまま安心して飲める。ただ、すご~くお腹のデリケートな人は有料の水が安心。

【NY観光英語】レストラン『食事中』の英会話

自分
I didn’t order this.
これは頼んでいません

自分
I dropped my napkin. Can I have another one?
ナプキンを落としてしまいました。新しいものをいただけますか?

レストラン
Is everything okay?
「いかがですか?」
食事中、レストランのウェイター・ウェイトレスがよく声をかけて来てくれる。食事について、テーブルについて、何についてでも何かあれば相談した方が良い。快適にレストランで食べよう♪

自分
Yes, everything is Great!Thank you.
「はい、すべて素晴らしいです。ありがとうございます」
店員さんが色々ケアしてくれて、声をかけてくれているので、”Thank you”という言葉は多用してOK! 「ありがとう」を言われて嫌な気持ちになる人っていないよね!

 

【NY観光英語】レストラン『お会計』の英会話

自分
May I have the check, please.
「お会計をお願いします」

自分
Can we get separate checks?
お会計は別にできますか?

自分
May I use credit cards?
クレジットカードは使えますか?

自分
May I pay in cash ?
「現金で支払いできますか?」

ニューヨークのレストランはチップを支払う

ニューヨーク・アメリカのレストランでは、食事代とは別に『チップ』を支払う。食事の合計額の$15~20が一般的。ニューヨーカーのチップの計算の仕方は、レシートに書かれている『Tax』を2倍した数を『チップ』として支払う。例えば、

食事代 $100 +『Tax』$9 = 合計$109 がお食事代。

これにチップを計算して上乗せして支払うと、『Tax』の$9を2倍して$18、

$109 + $18 = $127が支払う金額になる。

チップ制度になれていない日本人は$100しか食べてないのに「さらに$27も払わなければならないの?!」とびっくりするかもしれない。しかしこれがニューヨーク。Taxも物価も高いんだ~( ;∀;) チップはレストランのスタッフの収入となる分。彼らはこのチップを生きがいに生きているのでケチらずにあげてね。でももちろんサービスが悪かったら話し合いか低チップだね。

 

【NY観光英語】レストランの英会話まとめ

ニューヨークのレストランで英語を使う際、ニューヨーカーのレストランスタッフは忙しいとき早口になる。早い英語で返されて不安だったら、まずは自分の言いたいことをすべて言い切るのがポイント。例えば「予約を取りたいのですが…」ではなく「何時に何名予約を取りたいのですが」と相手から聞かれることを少なくするために初めにこちらの情報を多めに伝えるのが忙しいニューヨーカーとの英会話を成立させるポイント。

このページの英語をしっかり使って、ニューヨークのレストランで『食事』と『英会話』を楽しんでね~!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事