スポンサーリンク

NYブロードウェイミュージカルを100倍楽しむ方法を紹介!

NYといえばブロードウェーミュージカル!ニューヨークに来たからには絶対に見ておきたい!けれど私が初めてニューヨークに来た時に初めて観た「The Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)」では、なんと…ぐっすりと寝てしまった(涙)。ニューヨークに住み始めて数年、結構ミュージカルも見てきて、ミュージカルを楽しむコツも分かってきたので書いておきたい。

 

ブロードウェイミュージカルって何?

500席以上の客席がある劇場で演じられるミュージカルもしくは劇を指す。ブロードウェイとはマンハッタンを斜めに通る道の名前でもあって、この近辺では多くの劇場が存在し、毎日約50のミュージカルが上演されてる。曜日によってはマチネ(matinee)という昼の部の公演があって2時頃始まる。ほとんどの公演はソワレ(soiree)という夜の部で7時か8時に始まる。ちなみにマチネとソワレはフランス語。

 

失敗しないミュージカルの選びかた

ブロードウェイミュージカルには数多くの演目があって、どれを観たら良いのか初めは正直迷う。そこで、間違いないオススメな選び方は「トニー賞受賞作品」を選ぶこと。トニー賞とは優秀なミュージカル作品や俳優に贈られる賞の事で、この賞をとれた作品や出演者の公演は間違いなく感動!ただ、トニー賞受賞後の作品のほとんどのチケットは値上がりしている。

また、英語自信が無かったら、「ライオンキング」、「アラジン」、「FROZEN(アナと雪の嬢王)」などの“ディズニー系”を選ぶと良い。ストーリーが分かりやすいので初心者でも充分楽しめる。

 

ミュージカル チケット入手方法

1.【ブロードウェイの現地で】

a. 事前に演目のオンライン公式サイトで購入
b. 直接劇場の窓口で購入(当日以外のチケットも購入可能)

 

2.【事前にオンラインでディスカウントチケットを探す】

以下チケット販売サイトで座席と価格のコスパの良いチケットを事前にオンラインで購入しておくと「当日売切れ~」って残念なことは無くなるよ。

1⃣ STUBHUB (スタブハブ)
ブロードウェイ・ミュージカル、野球のチケットなんかも買うことができるサイト

2⃣ showtickets.com (ショーチケッツ)
ブロードウェイ・ミュージカルのチケットが豊富

3⃣TicketNetwork (チケットネットワーク)
ブロードウェイ・ミュージカル、コンサートのチケット等も豊富

 

座席の種類

基本的に値段の高い順で

①プレミアム席(1階前方10~15列目あたりまでの中央席)
②オーケストラ席(1階)
③メザニン席(2階)、前方(フロント)と後方(リア)と呼ばれることもある。
④バルコニー席(3階)
⑤パーシャルビュー/オブストラクテッドビュー(Partical View/Obstructed View)(柱などで見えづらい席なので少し安め)

※話しの内容に集中したかったら②オーケストラ席、ダンスや衣装、舞台装置などショー全体を見渡したかったら③メザニン席(2階)の前列がおすすめ!演目によって席を決めて。

 

ミュージカル鑑賞するときの食事のタイミング

夜の部は7時もしくは8時開演。2時間半~3時間のショーがほとんどなので、終わるのは10時、11時頃になると覚悟しておく。劇場によってもメニューは違うけど、劇場内ほとんどの食事メニューはスナックやチョコレートといった軽食、また、ソフトドリンクやお酒がある。なので、食事をした後でもミュージカル公演中に寝ない自信があれば夕食をとってから行くのがおすすめ。

 

劇場開演時間

30分前に開場で劇場内に入れる。まずトイレを済ませておくこと。演劇中のトイレは行きづらい。

 

ブロードウェイニュージカルを楽しむために準備すること

①服装

ドレスコードはないのでスニーカーで行っても問題ないけど、ほとんどのショーは豪華な舞台なので、ドレスアップをしていった方が自分のテンションが上がって、より楽しめる。

 

②ストーリーを予習して置くこと

住んでると当たり前なんだけど…観光で来てたりするとちょっと驚くのが、ブロードウェイミュージカルはすべて英語だってこと。でも英語が苦手な人でもショーは目で見ても楽しめるので問題ない。ストーリー内容を予習しておくことがおすすめ。英語が得意な人でもストーリーを知っていた方が、出演者の演技、歌、衣装、舞台装置の動き方など色々なところに気づいてより楽しめる!

 

③携帯電話の電源は切っておくこと。

ショーが始まると、携帯電話の使用は厳しく注意されるので注意。撮影、録音は禁止。

 

④Playbillを見て出演者の経歴を知っておく。

劇場に入って席に着くときにPlaybillという小さい冊子を必ずもらえる。その中には当日の出演者の写真が載っていたり、経歴が載っていたりする。事前に見ておくと、ショーの最中の出演者のバックグラウンドなんかも気にしながら見れて楽しい。

 

途中休憩、インターミッションの過ごし方

時間の長いショーの場合、途中インターミッションという休憩時間があるけどトイレは急いで!2部は全員が席についていなくても時間になれば始まる。

 

ミュージカル後の公演後出演者に会う

出演者と知り合いじゃなくても会うことができるのがブロードウェイミュージカルの面白いところ!いわゆる出待ち。ほとんどの劇場にはStage Doorというドアがあって、そこから出演者やオーケストラ演奏者たちなどが出入りしている。ショーが終ると多くのフアンが待っていて、出演者も油性ペンを持って(いたりいなかったり)サインをくれたり、一緒に写真を撮ってくれる。アメリカのエンターテイナーはフアンをとっても大事にするから、好きな出演者がいたら是非英語で話してみて!良い思い出ができるYO!

 

まとめ

NYのブロードウェイミュージカルを100倍楽しむ方法は、しっかりと予習・準備をして置くこと。ショーに集中することが大事。そして、出演者によって、観客が拍手するタイミングが違ったり、感動して涙するところが違ったりするので、1度ならず、出演者が変わっていたら2度、3度と同じ演目を見るのもオススメ!きっと新しい発見が沢山ある数!個人的に映画もミュージカルも2回目以降に観るのがより面白いと思ってる♪

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事