スポンサーリンク

2018年は11月4日(日)に行われたTCS New York City Marathon!

大都会ニューヨークの5 Borough (5つの街: 1. Staten Island、2. Brooklyn、3. Queens、4. The Bronx
5. Manhattan)のメジャーな道路をマラソンの為に封鎖して走るニューヨークシティマラソンのコース。初めてNYに来た人も、NYに住んでいる人もこのコースを走れるのは嬉しい!とっても景色が綺麗なコース!そして、ニューヨークのマラソンの特徴は、沿道で応援してくれる約200万の人達から大きなパワーをもらえること!(私は走ったことないけど、走った人が言ってた。笑)

 

セントラルパークの紅葉も綺麗な時期🍁

ランナーは応援にパワーをもらい、観客はランナーからパワーをもらう。ニューヨークシティマラソンは人種、民族関係なく、多くの人が多くのドラマを生んでくれる大きなイベントで毎年応援に行くけど大感動!ウルッと涙が出そうになることもあるんだ~!!!ランナーは必至で無表情だけど沿道の声に本当に励まされるんだ!!(他のレースには参加したことあるからわかる!)

 

次は私も走ってみたい~!ということで2019ニューヨークマラソンのエントリー方法を調べてみた。

 

開催日程

2019年11月3日(日)

 

保証参加資格 (NY在住者にオススメ)

下記条件を満たすと、2019年のニューヨークシティマラソン参加が保証される。

9+1 プログラムまたは 9+$1K プログラム

結果から言うと、下記条件をクリアして参加できるのは、2020年のニューヨークシティマラソンになる。「9+1 プログラムまたは 9+$1K プログラム」では1年準備期間が必要で、2年目に参加資格ができるという感じ。今から以下を満たしても2019年の参加は無理ということ。

2019年マラソン参加方法】

  • 2018年12月31日までにNYRRのメンバーシップになる。
  • 2018年に9つのNew York Road Runnersの大会に参加する。(2020年の参加条件を満たすための2019年のマラソンイベント一覧 ➡ https://www.nyrr.org/races-and-events/2019)
  • 2018年のNYRRイベントでボランティアをする。(4~5時間、1回)
  • ボランティアの代わりに$1000を寄付することもできる。
  • 2019 TCSニューヨークシティマラソンへの入場を申請する。(2018年後半に入手可能)

 

2018年TCSニューヨークシティマラソンへのエントリーを正式にキャンセルした人

2018年の参加を正当な理由でキャンセルした人は2019年のマラソン参加資格が保証される。
キャンセルポリシー(英語) ➡ https://www.tcsnycmarathon.org/plan-your-race/cancellation

 

ニューヨークシティマラソンを15回以上完走した人
常連参加者を歓迎するんだね。結構年配の人でも、元気に走ってるのはこのシステムのお陰かな?!

 

Time Qualifier(参加資格タイム保持者)

2018年1月1日から12月31日までに、以下にリストされているタイム保持者なら、2019年のニューヨークシティマラソンの参加資格を保証される。(対象レースは主に、2018 NYRRフレッド・リーボーンマンハッタンハーフ、2018年ユナイテッド航空NYCハーフ、2018年シェイプ半日マラソン、2018ブルックリン・ハーフ、2018 NYRRスタテンアイランドハーフ、2018年TCSニューヨークシティマラソンなどのNYRRレース。それ以外のレースの記録はなかなか反映されにくい。) でもこのタイムは結構レベル高い~!

 

男子

年代 フルマラソン ハーフマラソン
18-34 2:53:00 1:21:00
35-39 2:55:00 1:23:00
40-44 2:58:00 1:25:00
45-49 3:05:00 1:28:00
50-54 3:14:00 1:32:00
55-60 3:23:00 1:36:00
60-64 3:34:00 1:41:00
65-69 3:45:00 1:46:00
70-74 4:10:00 1:57:00
75-79 4:30:00 2:07:00
80+ 4:55:00 2:15:00

女子

年代 フルマラソン ハーフマラソン
18-34 3:13:00 1:32:00
35-39 3:15:00 1:34:00
40-44 3:26:00 1:37:00
45-49 3:38:00 1:42:00
50-54 3:5100 1:49:00
55-60 4:10:00 1:54:00
60-64 4:27:00 2:02:00
65-69 4:50:00 2:12:00
70-74 5:30:00/td> 2:27:00
75-79 6:00:00 2:40:00
80+ 6:35:00 2:50:00

 

Time Qualifier(参加資格タイム通過者)

 

NYRR Virtual Racing (バーチャルトレーナープログラム) <先着順>
NYRR Virtual Racingに参加するには、無料のStravaアカウントを作成し、レースにサインアップして、どこにいても選択したコースでレースの距離を走る。2018年は11月1~4日に行われていた。(※11月4日は大会当日だった)

 

Team for Kids Runner (チームキッズランナー)になる
Team for Kidsというチャリティープログラムに参加して、2019年10月2日水曜日の午後11時59分までに最低2,620ドルの資金調達ができると、チャリティー枠の参加資格が保証される。
参考:https://www.runwithtfk.org/Events/Details/128

 

エージェント利用
TCS New York City Marathonのオフィシャル代理店に問い合わせると参加権を有料でゲットすることができる。高額だけど確実。
【日本】
抽選参加枠 (NY外在住者にもオススメ)

 2019年1月14日から2月14日までオフィシャルサイトより抽選が行われる。通年は3月上旬ごろの発表。(現在詳細まだ出ていない) 最近の抽選倍率は約6倍だとか。当たれ~!!

 

米国在住者限定の懸賞

18歳以上ならニューヨークシティマラソン2019の出場権などが当たる懸賞。受付は2018年9月18日から始まっていて、締切は2018年12月31日(月)23時59分まで。米国在住者のみ。結果は2019年1月14日(月)にメールで通知される。

https://www.itwillmoveyou.nyc/sweepstakes

 

結果
①地道に9レースとボランティアをして履歴を作っていくか、②チャリティー募金するか、③抽選に当選するかの3択。自分に合ったやり方で参加できたらいいな~♡ いつかセントラルパークでのゴールを夢見て…練習始めようかな♪

 

参考:https://www.tcsnycmarathon.org/plan-your-race/run-in-2019/guaranteed-entry-for-2019

 

11月のマラソンにおすすめグッズ

11月のニューヨークはもう冬で寒い~!マラソンのスタート時間に間に合うように準備するのは日の出前だったりでさらに寒い!ってことで、身軽で走りたいけど、走る前に凍えないようなコンディションを整えたい場合におすすめなのが『Hand wamer(ハンド・ウォーマー)』いわゆるカイロ。レース直前で捨てることもできるし、私の中では必須アイテム!

マラソン走る人は頑張ってね~!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事