スポンサーリンク

ニューヨーク観光におすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】って何!?

Top of The Rock(トップ・オブ・ザ・ロック)とは、ニューヨークのミッドタウンの5番街と6番街にある『ロックフェラーセンター』という複合施設内の超高層ビル‟GEビル”最頂部に設けられた展望台の事。年に300万人以上訪れている人気の観光スポット。

 

複合施設『ロックフェラーセンター』は、冬の時期の"ニューヨークのクリスマスツリー”、アイススケートリンクで世界的に有名な場所。

 

Top of The Rock(トップ・オブ・ザ・ロック)展望台からはニューヨーク・マンハッタンの摩天楼を360度一望できる。高さ的にはエンパイア・ステート・ビルの方が高いけど、Top of The Rock(トップ・オブ・ザ・ロック)の展望台に上ると美しいニューヨークを代表する展望台、エンパイア・ステート・ビルを見ることができるのが一番の特徴。

View this post on Instagram

basically the best view I’ve ever seen, can’t say it enough times. 🙈❤️ • While posting throwbacks from NY I’m already in Mallorca, Spain 🇪🇸 it’s our first day here and I’ve already fallen in love with this island. Head over to my stories to see some first impressions and be prepared, there are a lot more to come 😅🙏🏼 • Have a great week and/or long weekend guys 😘 • #topoftherock #topoftherocknyc #rockefellercenter #observatory #cityviews #exploringnyc #skylineview #manhattanskyline #nyskyline #travelcouples #girlsdreamtravel #viewgoals #dametraveler #darlingescapes #whatisawinnyc #sheisnotlost #wanderlust #beautifuldestinations #prettycitynewyork #thediscoverer #empirestateofmind #topnewyorkphoto #newyorkgram #newyork_world #travelgirlsgo #nycityworld #nycdotgram #teamkaptainkenny #darumurlaub #travelgirls

A post shared by Iris 💫 (@theflyingdress) on

 

トップ・オブ・ザ・ ロック展望台のある『ロックフェラーセンター』の歴史

ロックフェラーセンターと展望台(現在のトップ・オブ・ザ・ロック)は・・・
史上最も裕福だったと言われるニューヨーク生まれの石油王、ジョン・D・ロックフェラーの5番目の子供、ジョン・D・ロックフェラー・ジュニアが『国際的なビジネス&娯楽センター』として設立したもの。
ロックフェラーセンターと展望台(現在のトップ・オブ・ザ・ロック)は、

 

1929年~33年 世界大恐慌
1931年 ロックフェラーセンターの建設が始まって、2年後の1933年最初の建物がオープン。1939年までに複合施設の中核が完成。
1934年 最初のクリスマスツリー建立。現在も続いていて、通常11月の感謝祭の翌週に設置され、イルミネーションが点灯し、元旦の翌週には消灯。
1936年 ロックフェラースケートリンクがオープン。
1940年代 (好調) ロックフェラーセンターの90%以上の商業ビルが貸し出しされていた。
1939年~1945年
第二次世界大戦
1970年代 (不調) 経済危機でビルに借り手がない状態が続いた。
1980年代 トレードマーケティングブームで多くの株主が支えられるようになった
1990年代 新たな投資家たちのお陰で地下鉄駅を改装
2014年 レストラン/イベントスペース レインボールームが2千万ドル掛けたリノベーションで再オープン。65階にあって眺めは最高。窓側の席を予約がおすすめ。
トップ・オブ・ザ・ロック展望台の入っているビル呼び名の歴史
1933年~1988年: 『RCAビル』
1988年~2015年: 『GEビル』
2015年~ : 『30ロックフェラープラザ/30ロック』または、『コムキャストビル』(所有者名がComcastだから)

 

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】の豆知識

『Lunch atop a Skyscraper』

『Lunch atop a Skyscraper』Photo byチャールズ・エベッツ(Charles C. Ebbet)  ©Corbis Corporation

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】に上る途中に、こんな11人の男性の写真をよく目にする。1932年9月20日に撮影された一枚。これはなんとトップ・オブ・ザ・ ロックのRCAビル(現在のGEビル)の建設中、69階でランチ休憩を取っている労働者の写真だそう。見てのとおり外。見ての通り命綱なし!!!!!!

 

この時代は大恐慌の真っ最中。大不況の中、命綱が無くても仕事があることに喜んで働いていたという当時の労働者の状況を見事に描写した1枚の歴史的な写真なのだ!そんな労働者たちの苦労をかみしめて、展望台トップ・オブ・ザ・ ロックの景色を感慨深く見てみよう。

 

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】チケット料金

大人気のトップ・オブ・ザ・ ロック展望台は、現地チケット購入は行列覚悟。入場は時間を指定される。ディズニーのファストパスのようなイメージ。待ってる間は複合施設内のお店などで時間を使うのがおすすめ。

一般入場チケット (日没(サンセット)の時間は+$10)
大人: $38 子ども (6~12歳): $32 6歳未満は無料  シニア (62歳以上): $36

VIPアクセス (エレベーターやセキュリティチェックで待たずに展望台に上れる)

$85

サン&スターズ

(24時間以内に2回トップ・オブ・ザ・ロックを訪れることができる日中に1回、日没後もう1回)
シティパスもこのチケットと同様、2回登れる

大人: $56 子ども (6~12歳): $45

ロックフェラー・センター・ツアー(英語のみ)

$25

コンビネーション・チケット「ロックパス」

(1枚の「ロックパス」でロックフェラー・センター・ツアーとトップ・オブ・ザ・ロックの両方が楽しめる)

$52

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ロック】チケットの買い方3つの方法

トップ・オブ・ザ・ ロックのチケットの買い方を3つ紹介

①トップ・オブ・ザ・ ロック展望台の現地で購入
②ニューヨーク観光のシティパスを購入
③トップ・オブ・ザ・ ロック展望台のオンラインサイトで購入

 

①トップ・オブ・ザ・ ロック展望台の現地での購入の仕方

トップ・オブ・ザ・ロック展望台のエントランスは50丁目の5番街と6番街の間(50th St, between 5th and 6th Ave)。

  1. エントランスでトップ・オブ・ザ・ロック展望台のチケットを買う。
  2. 1で買ったチケットに入場できる時間が記入してあるので、その時間まで待つ。(おすすめはトップ・オブ・ザ・ロック展望台周辺の複合施設。食べたり、ショッピングしたりができる。)

 

②ニューヨーク観光のシティパスを購入


シティパスはニューヨークの主要観光スポットのチケットをまとめて買える、ニューヨーク観光のお得パス。事前購入で、もちろん当日はチケットを持っているから長蛇の列に並ばなくて済む。英語サイト。解説ページあり

トップ・オブ・ザ・ロック展望台の公式ホームページにシティパスを有効にするページあるので、事前に携帯電話などでトップ・オブ・ザ・ロック展望台への時間を知ることができる。

シティパスって何?

シティパスがあると、ニューヨークの主要観光地6か所に入場可能。

1⃣自由の女神 or サークルライン観光クルーズ
2⃣エンパイアステートビル
3⃣トップオブザロック or グッゲンハイム美術館
4⃣アメリカ自然史博物館
5⃣メトロポリタン美術館
6⃣911メモリアルミュージアム or イントレピッド海上航空宇宙博物館

大人: $132、子供: $108
(※チケット代金お得分: $100.34、$105.84)

※税込。手数料$1なので実際大人: $133、子供: $109になる。

③トップ・オブ・ザ・ ロック展望台のオンラインサイトで購入

トップ・オブ・ザ・ロック展望台の公式オンラインサイトでチケットの購入可能。

トップ・オブ・ザ・ロック展望台 公式オンライン
https://www.topoftherocknyc.com/buy-tickets/

 

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】注意事項

  • 空港でのセキュリティチェックのような厳しいチェックあり。服装、持ち物に注意して置くこと。
持ち込み禁止物
三脚、ライター、ガラス製のボトル等。
入場能な物
ベビーカー、車椅子、ガイドドッグは、一緒に入場できる。

ニューヨーク観光おすすめ展望台【トップ・オブ・ザ・ ロック】基本情報

正式名称 Top of The Rock
オープン 1933年(エンパイア・ステート・ビルの2年後)
高さ 872 ft (266 m)
展望台 最上階の68階(屋内)、屋上の69階(屋外でガラスの壁)、さらに上の70階(屋外でガラスの壁無し)
開館時間 8:00am~0:00(midnight)
最終の上りエレベーターは11:00pm
  • 11月感謝祭、11月28日8:00am~0:00
  • 12月24日クリスマスイブ、8:00am~10:00pm
  • 12月25日クリスマスの日、8:00am~0:00
  • 12月31日大晦日、8:00am~10:00pm
  • 1月1日元旦、1:10~0:30

所在地30 Rockefeller plaza, New York, NY 10112公式ウェブサイトhttps://www.topoftherocknyc.com/最寄り駅地下鉄B、D、F、M線 『Rockefeller Ctr(ロックフェラーセンター)』駅

 

トップ・オブ・ザ・ロック展望台人気5つの秘密

  1. エンパイア・ステート・ビルディングが目の前に見える。
  2. 70階の展望台にはさえぎる柵が無いので写真が撮りやすいし、大迫力のマンハッタンの摩天楼を感じることができる。
  3. Fifth Avenue(5番街)沿いにあるから、ショッピングや観光の計画が立てやすい。近くの教会(St. Patrick's Cathedral/セント・パトリック大聖堂)も観光におすすめ。
  4. トップ・オブ・ザ・ ロック展望台のある『ロックフェラーセンター』には実はアートが沢山ある。※見過ごさずに見ると面白い
  5. 冬の時期の巨大クリスマスツリー、アイススケートリンクには多くの観光客が訪れて盛り上がる。(クリスマスツリーの点灯式には毎年有名シンガーが来て、イベントを盛り上げているのをアメリカ国内で全国TV放送される)

 

トップ・オブ・ザ・ ロック展望台、『ロックフェラーセンター』にあるアート

Lee Lawrie作の知恵の彫刻

https://www.rockefellercenter.com/art-and-history/art/wisdom/

「知恵と知識はあなたの安定のためにある」と書かれた碑文が添えられている。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事