スポンサーリンク

緯度の高いニューヨークは冬が長いイメージで、夏はとっても貴重!と言ってもニューヨークの夏は暑い。だからニューヨークの夏を楽しみたい!!!

 

やっぱり夏といえば“ビーチ”でしょう!実はニューヨーク近郊には、電車やバスの公共交通機関でいけちゃうビーチが結構ある。マンハッタンから気軽に行けるビーチで夏をしっかり楽しんじゃおう♪

 

① Coney Island (コニーアイランド)


マンハッタンから地下鉄で約1時間、気軽に行けるビーチとしてニューヨーカーに大人気のビーチ。毎年7月4日にはNathan'sのホットドッグ早食い選手権や夜には独立記念日の花火が開催される。

 

最寄駅からも見える、ビーチのすぐ隣には『ルナパーク』という1903年開園の古き良き時代の面影の残る遊園地があったり、海に入らなくても、海を見ながら『ボードウォーク』を歩くことができて、ニューヨークで夏を満喫するには最高のスポット。

Brooklyn (ブルックリン)
住所 37 Riegelmann Boardwalk, Brooklyn, NY 11224

行き方 最寄り駅:地下鉄D, F, N, Q『Coney Island-Stillwell Av Station』下車
Webサイト https://www.nycgovparks.org/parks/coney-island-beach-and-boardwalk

 

② Water Taxi Beach (ウォーター・タクシー・ビーチ) / ガバナーズ・アイランド

ニューヨークには夏季限定の楽しむべきスポットがある!それがGovernors Island(ガバナーズ・アイランド)。ガバナーズ・アイランドはマンハッタンの南にある小さな島で、マンハッタンからフェリーで約20分。

 

この軍や湾岸警備隊の中枢施設は、約200年一般人は間立ち入り禁止になっていた 1812年は刑務所として使用されていた。でも1996年に沿岸警備隊が去って、2003年に連邦からニューヨーク州と市に島を1ドルで譲渡されたという歴史。そして2006年~夏に一般に開放されるようになって、今では明るく綺麗で、新しくできたビーチ、サイクリング等で楽しめる人気のサマースポットになっている。

 

ガバナーズ・アイランドは忙しいマンハッタンとは打って変わって静かにバケーションを楽しめる。マンハッタンの美しい蜃気楼を眺めながらバーやレストランで優雅に過ごすのがニューヨークの最高の夏の過ごし方!

Governors Island (ガバナーズ・アイランド)
住所
行き方 フェリー:『Pier 11 / Wall St.』 から7分『Gov. Island/Yankee Pier』下車、または、『Battery Maritime Building』から6分『Governors Island』下車
利用時間 金曜・土曜・日曜と祝日の10:00am~5:00pm
Webサイト https://govisland.com/

 

③ Rockaway Beach (ロックアウェイ・ビーチ)

View this post on Instagram

A day at the beach 🏖 #rockawaybeach

A post shared by Jennifer Castillo De Williams (@williamsjenni) on

Photo by https://www.nycedc.com/project/nycferry

 

JFK空港の南側あたりにある白い長い砂浜の続くビーチ。ボードウォーク、ビーチバレーコート、サイクリング、ビアガーデンなど、さまざまに楽しめる。地下鉄Aライン以外に2017年からNYC Ferryでも行けるようになって便利。しかも地下鉄と同じ料金。

 

Rockaway到着後、ビーチまでは徒歩10分程度だけど、無料シャトルバスが出ていてちょっと遠くまでも行ける。西側は落ち着いたビーチ、東側はお店等が多めで賑やかな雰囲気の場所。

Queens (クイーンズ)
住所
行き方 地下鉄Aラインで『Broad Channel Station』へ、Sラインに乗り換えて『Beach 90 Street Holland』下車、またはNYC Ferryで『Wall Street/Pier11』発『Rockaway』下船
Webサイト https://www.nycgovparks.org/parks/rockaway-beach-and-boardwalk/

 

④ Orchard Beach (オーチャード・ビーチ)

Photo by https://www.nycgo.com/venues/orchard-beach

 

オーチャードビーチは、ブロンクスにある唯一のビーチで、その美しさからイタリアの地中海に面する美しい海岸にたとえられ、「ニューヨーク市のリビエラ」と呼ばれている。

 

長さ1.8マイルの美しいビーチの側では、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、ピクニックエリア、多くの飲食店、ボードウォーク等でニューヨークの夏を楽しむことができる。更衣室とシャワーもある。大勢のグループや家族連れで行くとワイワイ楽しめるビーチ。

Bronx (ブロンクス)
住所
行き方 地下鉄6ラインで『Pelham Bay Park』へ、バス停『Bruckner Blvd & Westchester Ave』からバスのBx29 City Island行きに乗って『City Island Av/Kilroe St』下車
利用時間 毎日10:00am~6:00 pmまで監視員がいる
Webサイト https://www.nycgovparks.org/parks/pelham-bay-park/facilities/beaches

 

⑤ South Beach (サウス・ビーチ)/ Midland Beach (ミッドランド・ビーチ)

ロ―ワ―マンハッタンから出ているStaten Island Ferry(スタテンアイランド・フェリー)でスタテンアイランドに向かうと自由の女神を見ることができる。スタテンアイランドのサウスビーチとミッドランドビーチは地元の人のビーチといった感じで、観光客の多いビーチとは違い落ち着いた感じ。

 

Photo by http://statenislandlifestyle.com/things-to-do-this-weekend-and-other-celebrations-around-town/

夏には無料のコンサートや花火、2.5マイルのボードウォーク、小さな遊園地、釣りなどで楽しむことができる。6頭のイルカの像のいる噴水は、夜にライトアップがあったりして綺麗。

 

Staten Island (スタテンアイランド)
住所
行き方 フェリー:Staten Island Ferryの『Whitehall Terminal』発『St. George Ferry』下船、St George Ferry/S51のバス停から『Father Capodanno Blvd/Sand Ln』下車、もしくは、Grand Central Terminal すぐそばのバス停 『Lexington Av/E 41 St』から、SIM6のバスに乗って『Father Capodanno Blvd/Sand Ln』下車 約1時間
Webサイト http://statenislandlifestyle.com/things-to-do-this-weekend-and-other-celebrations-around-town/

 

⑥ Brighton Beach (ブライトン・ビーチ)

View this post on Instagram

Awesome swim at Coney Island beach. Thanks #cibbows

A post shared by Heidi Parkhurst (@parkhurstheidi) on

マンハッタンから1時間ほどで来れるブライトンビーチは、コニーアイランドの隣にあるビーチだけど、コニーアイランドよりも静かで落ち着いた大人の感じのビーチ。かつては裕福なニューヨーカー達のバケーションスポットだった場所。

 

このエリアはロシア人街なので、ロシアのキリル文字の看板やお店、ロシアの通貨ロシア・ルーブルが使えたりもする。せっかくブライトンビーチに来たなら、思いっきりロシア文化を楽しんでみよう!ロシア名物のボルシチ、ビーフストロガノフ、出来立てのピロシキや。サワークリームをつけて食べるロシアのギョーザ・ペリメニ、チーズ入りブレッドのジョージアンフラットブレッド、ハニーペッパーウォッカなど、本場のロシアの料理が楽しめる♪

 

なんとなく、マンハッタンよりも物価が安いイメージ。(観光スポット以外)

Brooklyn (ブルックリン)
住所
行き方 最寄り駅:地下鉄B, Q『Brighton Beach』下車
Webサイト https://www.nycgovparks.org/parks/brighton-playground/history

 

⑦ Manhattan Beach (マンハッタン・ビーチ)

マンハッタンビーチはもともとニューヨークの富裕層の憩いの場だった。ブライトンビーチのさらに東側に位置する。このエリアは一番西側から『コニーアイランド』、『ブライトンビーチ』の順に賑やかで、人が多いので、一番東の『マンハッタンビーチ』は比較的静か。

 

砂浜も白く綺麗。ブルックリンブリッジとサンセットを見ることができるとロマンチックな雰囲気になる。犬のお散歩や、“静かに一人ビーチ”もマンハッタンビーチならあり。

 

野球場、バレーボール、テニス、バスケットボール、ハンドボールのコートもあるのでみんなでアクティブに過ごすのもあり!

Brooklyn (ブルックリン)
住所
行き方 地下鉄B, Q『Brighton Beach』でバスB1かB49に乗り換え『Oriental Blvd/MacKenzie St』下車
時間 毎日10:00am~6:00pmに監視員が居る
Webサイト https://www.nycgovparks.org/parks/manhattan-beach-park/facilities/beaches

 

⑧ Jacob Riis Park Beach (ジェイコブ・リイス・パーク)

Jacob Riis Park(ジェイコブ・リイス・パーク)はRockaway Park Beachの東側にあるエリア。第一次世界大戦中はアメリカでで最初の海軍航空基地の1つRockaway海軍航空基地として使用されていた歴史のある連邦の場所。

 

1936年、ジェイコブ・リイス・パークは、ロングアイランドのジョーンズビーチを設計したニューヨークの都市計画者で有名な、Robert Moses(ロバート・モーゼス)によって設計された。

 

ジェイコブ・リイス・パークを象徴する時計は、1941年『Wise Jewelry Store』から寄贈され、『Wise Clock』または、『Riis Park Memorial Clock』と呼ばれて多くの人に親しまれている。

 

ジェイコブ・リイス・パークは、1974年に国立公園局に移管され、National Register of Historic Places(国家歴史登録財)に指定さてロッカウェイビーチの一部になった。アールデコ調の建物、ゴルフコース、1マイルのビーチなどがあり、泳ぐ人、お散歩する人、ランナーなど様々な人が気軽に利用している。毎年地元のボランティアの人たちがビーチをきれいにしようと清掃してくれている。ビーチに遊びに行ったらごみはキチンと管理して帰ってね。

 

毎年恒例のRiis Park Beach Bazaar(リイス・パーク・ビーチ・バザール)では、ライブ音楽、新鮮な海の食事、ハンバーガー、アイスクリーム、ビアガーデンなどが楽しめる。Rockawaysの停留所までNYCフェリーで行くことができて、そこから1時間に1本のシャトルバスでリイス・パークに行くことができる。

 

Brooklyn (ブルックリン)
住所 157 Rockaway Beach Blvd, Rockaway Park, NY 11694

行き方 地下鉄2か5で『Flatbush Avenue Station』へ、バス停『Av H/Flatbush Av』からQ35に乗り換え、『Jacob Riis Pk Rd/Bath House』下車
時間 10:00am~6:00pmまで監視員が居る(5月のMemorial Dayから9月のLabor Dayまで)
Webサイト https://www.nps.gov/gate/getinvolved/lease-facilities-in-riis-beach-for-adaptive-reuse.htm

 

 

ちょっと遠いけど・・・目的別ニューヨークのビーチ3選!

サーファーに

Long Beach (ロングビーチ)

Nassau County (ナッソー郡)
住所 37 Boardwalk W, Brooklyn, NY 11224
行き方 駅『34 Street - Penn Station』からLong Beachラインに乗って、54分『Long Beach
』下車
Webサイト https://www.longbeachny.gov/index.asp?SEC=97269655-FDE4-4D18-9835-1A212137D6E5

 

同性愛者・LGBTQのメッカ

Fire Island (ファイアー・アイランド)

Long Island (ロング・アイランド)
住所
行き方 公共交通機関が無いので車で行こう(車でマンハッタンから約3時間)
Webサイト https://fireisland.gaycities.com/

 

ビールで有名

Montauk (モントーク)

Long Island (ロング・アイランド)
住所 37 Boardwalk W, Brooklyn, NY 11224
行き方 公共交通機関が無いので車で行こう(車でマンハッタンから約3時間)
Webサイト https://montaukbrewingco.com

 

 

夏のニューヨークの人たちとビーチ

アジア人は美白を目指すけど、ニューヨーカー(欧米人)は小麦色の肌にするのがステイタス!日に焼けていると“バケーションでビーチに行く経済的・時間的余裕があるのよ”というアピールになるから、あえて日焼けサロンで肌を焼く人もいるのだとか!

 

こんがり焼けた肌は健康的で、魅力的に見える(というアンケート調査をした団体がいたらしい)らしいよ。美白派でも、こんがり派でも、とにかくニューヨークでビーチに行って思いっきり夏を楽しんじゃおうよ~♪ニュ=ヨークの夏は短いよ~!!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事