スポンサーリンク

ニューヨークも寒い冬が明け少しずつ春がやってキタ!待ちに待った春は花も咲き、動物たちも生き生き生活をしだす。そしてニューヨークではキリスト教徒の「Easter(イースター)」で街が変わることがあるのでちょっと注意が必要な事もある。日本でもディズニーなどがイベントをやって少しづつ定着しているイースターだけど、本来どんなものなのかを、ニューヨークの生活とともに紹介!

Easter bunny chocolate

Easter(イースター)って何?!

Easterは日本語で『復活祭』と言われる。何が復活したかというと、イエス・キリスト。弟子のユダの裏切りで十字架にかけられ、ゴルゴダの丘で処刑されてから3日後に復活したといわれている。それをお祝いするのがEaster(イースター)!キリスト教徒にとっては、イエス・キリストの誕生日のクリスマスと同様もしくはそれ以上に重要とされている。

 

Easter(イースター)っていつ?!

それが、毎年決まった日じゃないのがEaster(イースター) !春分の日から初めの満月を迎えてからの初めての日曜日がEaster(イースター)となる。…ちょっとややこしい。

 

なんでEaster(イースター)っていうの? 名前の由来

イースターといえば春!キリスト教化される前のゲルマン人の信仰に基づく諸神話の総称『ゲルマン神話』に出てくる、春の月「Eostremonat(エオストレモナト)」、春の女神「Eostre(エオストレ)」から「Easter(イースター)」と呼ばれるようになったと言われている。ちなみに、春の女神「Eostre(エオストレ)」は太陽と共にやってくるので、太陽の昇る東を『EAST』と呼ぶようになったんだとか。へ~って感じでしょ!笑

 

なんでイースターはウサギとたまご?

Easter bunny(イースター・バニー)はEaster Egg(イースターエッグ)を運んでくると言われている。飼っている人は分かると思うけど、ウサギは子供を沢山産む生き物。そのことから、Easter bunny(イースター・バニー)は一度は亡くなったイエス・キリストが新たな生を受け復活をお祝いするEasterの象徴とされている。ぴょんぴょん跳ねる躍動的な生命力も復活祭にふさわしいキャラクターなんでしょう。

 

Easter(イースター)は何をするの?

クリスマス同様、キリスト教徒は家族が集まる日。ということで、ニューヨークの街でも、クリスチャンが多いとみられるお店はイースターの週にクローズしているところが多かったりするので注意。大概のお店はWebサイト等でお休みの日程を公開しているので、目的のお店がある時はあらかじめチェックしておくのがベスト!Easterは毎年日程が違うので注意。

 

断食

敬虔なクリスチャンは、40日前の水曜日からEaster(イースター)の前日まで、肉、卵、乳製品(東方教会は魚肉も)食べずに過ごす。そしてEaster(イースター)当日は家族で集まって卵料理を食べる。

子供の遊び

Egg Hunts(エッグハント)

子供がウサギやたまごの形をしたお菓子をもらうのが風習。子供の居る家族は、庭や家の中にたまご型の容器にお菓子などを詰めた”Easter Egg”を隠して、探させるEgg Hunts(エッグハント)というゲームをして楽しむ。ディズニーでもやっていたりするので知っている人もいるかもね。

 

Easter Egg Roll(イースター・エッグ・ロール)

1814年ジェームズ・マディソン大統領の夫人、ドリー・マディソンさんが始めたといわれるなかなか歴史のあるゲーム。ホワイトハウスに子供たちを招待して、芝生の上で長い柄の木製スプーンを使ってゴールめがけてたまごを転がすというゲーム。1世帯1回無料で抽選に応募できるので、チャンスがあればホワイトハウスに行ってEaster Egg Roll(イースター・エッグ・ロール)を大統領たちとできるかも!

詳細はこのWeb Siteより
https://www.recreation.gov/ticket/facility/250029

 

ニューヨークのEaster(イースター)ってどんな感じ?

スーパーマーケットやチョコレート屋さんなどでEaster bunny(イースター・バニー)やEaster Egg(イースターエッグ)を模ったお菓子が売り出される。パステルカラーのお菓子が店頭に並ぶので街全体が明るくなる。

 

ニューヨークのEaster(イースター)といえば、『Easter Parade(イースター・パレード)』!! 毎年Easter(イースター)の日曜日に5番街でパレードが行われ、多くのパステルカラーの衣装を着たコスプレイヤー(?)達が集まって、街はにぎやかになる。

ワンちゃんも可愛い衣装で登場。

ほとんどの人は見せたがりなので、「写真とってもいいですか~?」って話しかけると快くポーズを取ってくれる。人懐っこいニューヨーカー好きだわ~。

 

Easter(イースター)は楽しむ日♪

キリスト教徒でもそうじゃなくても、ニューヨークではイースターは楽しんだもん勝ち!カラフルな衣装を着てもいいし、Egg料理屋さんやお菓子屋さんに行って華やかな飾りつけの料理やお菓子を楽しんでもいいし、とにかく宗教的にもイエス・キリストが復活したって日だし、お祝いモードで騒ぐのがニュ=ヨーク流!思いっきり楽しもう~♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事