スポンサーリンク

街でコーヒー飲んで、ニューヨーカーになりきる♪

マンハッタンの街中を歩いて思うことは「コーヒーショップ、Starbucksの数が多い!」ということ。日本でもスタバは既におなじみだけど、ニューヨーカーはコーヒーが大好きなので、スタバ以外にも美味しいコーヒーを置いているお店が沢山ある。街の人は、コーヒー片手に地下鉄に乗って通勤していたり(良くこぼさないなあといつも感心)、カフェでPCを広げて仕事をしながらコーヒーを飲んでいたり・・・もはやコーヒーはファッションの一部にもなってるかも⁈ニューヨーカーの生活には欠かせないコヒー。美味しいコーヒーショップを見つけてニューヨーカー気分に浸ってみて♪

 

【Ninth Street Espresso】ナインス・ストリート・エスプレッソ

ハウスコーヒー ・・・$1.50~

NYのコーヒーブームの火付け役、Chelsea market(チェルシーマーケット)内の他にマンハッタン内に数店舗あるコーヒーショップ。立地もよく、なんといってもコスパが良いのがありがたい。スタッフは手際よくコーヒーを作ってくれる。濃く深く香り高いエスプレッソが人気。

 

【OSLO Coffee Roasters】オスロ・コーヒー・ロースターズ

ハウスコーヒー ・・・$2.00~

2003年創業、地元住民に愛される用なコーヒー店を目指して作られた、ウィリアムズバーグ発祥のコーヒー店。スターバックスとは違った雰囲気で、店内は静かで落ちついていてなんとなく「友達の家」に来た感じ。コーヒー豆は特定農家からのお取り寄せで高品質のコーヒーにこだわっている。

 

【Toby's Estate】トビーズ・エステート

ハウスコーヒー ・・・$3.00~

エスプレッソ大国オーストラリアのコーヒーショップがNYで評判。ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイが主演映画「The Intern (日本語タイトル:マイ・インターン)」で使われて有名になった。フラットホワイト(エスプレッソと泡立てたフォームミルク)が人気。

【Mudspot】マッドスポット

ハウスコーヒー ・・・$2.25~

街中で屋台販売から始まったコーヒーショップがカフェを出した。屋台から始まっただけあって、さっと出てくるコーヒーは忙しいNYの人に愛されている。MUD(泥)という名の通りどろっとガツっとしっかりしたコーヒーを味わいたいときにオススメ。オレンジ色のロゴが可愛い♪

【Think Coffee】シンク・コーヒー

ハウスコーヒー ・・・$2.75~

2006年創業。店のコンセプトとして、農場労働者やそのコミュニティを助けるという考えでコーヒーを販売。ここで支払ったコーヒー代金は、コロンビアでの住宅再建、エチオピアでの婦人衛生、ニカラグアでの清潔な水の利用、医療、植林、および住宅の復旧などのプロジェクトサポートに利用される。 コーヒー1杯に深い意味があるな~と感じる。

 

【Brooklyn Roasting Company】ブルックリン・ロースティング・カンパニ―

ハウスコーヒー ・・・$1.50~

Dumbo地区の歴史的なブルックリン海軍造船所にあるコーヒー焙煎所。豆の品質、コーヒー農家へのサポート、焙煎のこだわり、地域・社会環境への気配りを考えて運営されているコーヒーショップ。Manhattanからブルックリン・ブリッジを渡ってDumboに行ったらのんびりここでコーヒーを楽しんで♪

 

View this post on Instagram

Cappuccino? More like cappuci-yes. 👍

A post shared by Brooklyn Roasting Company (@brooklynroasting) on

【Joe Coffee】ジョー・コーヒー

ハウスコーヒー ・・・$1.84~

スタッフはよく教育されていて美味しいコーヒーを煎れてくれるしとってもフレンドリー。結構ニューヨー至る所にある人気店なのでビジネス街の午前中等はオフィスに急ぐ人の列ができたりするけど、結構さっとコーヒーを出してくれる印象。清潔感のある店内が好きだな~。

【Cafe Grumpy】カフェ・グランピー

ハウスコーヒー ・・・$2.75~

2005年創業。夫婦経営のブルックリンのGreenpointで始まったコーヒーショップで煎もブルックリン。店名の「Grumpy」は「不機嫌な」という意味。木目調の椅子とテーブルで落ち着く店内。「Grumpy」でお店に行ってもここでコーヒー飲んだら「Happpy」になれそう~⁉

 

【Kaffe 1668】カフェ1668

ハウスコーヒー ・・・$2.99~

スウェーデン出身の双子が経営するカフェ。ペストリー、サンドイッチ、サラダ、ジュース、それに日本の静岡産の煎茶も置いている。マスコットキャラクターの羊が店内に沢山いて可愛い!Wi-Fi環境もあって便利だから、仕事や勉強をしている人も多い。

 

View this post on Instagram

Wool you be mine?#Kaffe1668

A post shared by Kaffe 1668 (@kaffe1668) on

 

【Devocion】デヴォシオン

ハウスコーヒー ・・・$3.00~

南米コロンビアで、人が入ることは困難だけど、コーヒー豆栽培には最高の地で育った豆を使用。ここではコーヒー豆を赤い実のBerry(ベリー)=Cherry(チェリー)と呼んでいる。コーヒーの味もチェリーを食べたときの様なちょっと酸味のあるフルーティーな味。インスタ映え間違いない店内がCute♪

 

スポンサーリンク
おすすめの記事